データー印

印材 ゴム印 材料 印材館



印材館 > ゴム印 材料一覧 > データー印 > データー印の製作方法

データー印の製作方法例を紹介します。
製作所により、方法・機材などは異なる場合があります。


■ データー印の製作

@
印面データを作成します。


A
レーザー加工機を使用してゴム板に印面を彫刻します。

印面のため、左右反転した状態で、凸彫りを行います。
また印面内の日付オビの部分は、レーザーで切断します。


弊社ではRSD-SUNMAX-QSを使用しています。


B
レーザー加工機にゴム板をセットします。


C

印面の彫刻が終わりました。
オビの部分は切断されています。


D
レーザー加工で発生するゴムの燃えかすを除去するため、水につけます。
水に長時間つけているほど、燃えかすの除去が容易になりますが、通常は数分程度です。


E

水に浸しておいたゴム板を歯ブラシに石鹸などを使用してこすり、燃えかすを落とします。
歯ブラシ程度の毛の硬さならば、力を入れてこすっても印面に傷がつくことはありません。

コツ
・歯ブラシは円を描くようにこすってください。
・細かなところは、ゴム板を折り曲げて、隙間を空けてからこすってください。


F
超音波洗浄機を使用して、細部に詰まったゴムの燃えかすを、さらに除去します(必須作業ではありません)。


G



燃えかすがとれたら、丸形ポンチやを使用して印面をカットします。
最初にレーザーで丸型部分も同時に穴開けしても良いです。


H

データー印の印面部に接着剤を塗布します。
ゼリー状の瞬間接着剤がお勧めです。



I
綿棒を使って接着剤を均一に塗布します。
接着剤が多いと、ゴム板を貼ったときにはみ出てしまい、オビに付着すると使用できなくなるので、注意が必要です。また、少なすぎると、使用の際に印面が外れてしまう場合があります。


J
ゴム印面を貼り付ければ完成です。
このとき、ゴム印面の歪みに注意して、素早く作業を行うことが重要です。












RSD 印材館